介護派遣・パートのメリットとデメリット

Filed in 介護派遣・パートのメリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

 介護業界には夜勤や残業が多い施設もあるので、主婦にとっては家庭と仕事の両立が難しい部分があります。夜勤や残業を避けたいなら派遣やパートなどの雇用形態がオススメですが、どちらの雇用形態にもメリット・デメリットがあるのでそれを踏まえた上で選択する必要があります。
 例えば派遣は時給の高さが最大のメリット、雇用主によっては正社員より稼げる場合もあるんです。また直接の雇用主は介護施設ではなく人材紹介会社なので、介護施設から強制的に残業させられることもありません。ただし時給が高い分、ボーナスも退職金も発生しませんし、契約期間が過ぎても契約が更新されず新しい勤務先も見つからないリスクもあるので立場は非常に不安定です。
 一方パートは介護施設と直接雇用契約を結ぶので同じ施設で長く働くことも可能、契約期間を定めない介護施設も多く真面目に仕事をすれば契約終了を気にせず働けます。また施設によってはボーナスを支給してくれますし、直接雇用なので正社員との距離も近く身内感覚で人間関係を築けるのも魅力です。ただし人間関係が良好になりやすい分、飲み会への参加やサービス残業を断りづらくなるなどのデメリットが発生するので注意が必要です。
 このようにどちらにもメリット・デメリットがあるので、自分が職場に対し何を求めているか見極めるのが重要となります。例えば収入を求めるなら派遣ですし、職場の人間関係を求めるならパートになるでしょう。

,

TOP